ある日の上小阿仁村 レジデンス

ある日の景色。
メインの285号線も良いけど、山際の裏道を通るのも好き。

どこを見ても美しい村・・・。

「道の駅かみこあに」は定食屋が充実。お昼は毎日ここへ来ている。
おいしいものがいっぱい。馬肉丼。

ところで、こちらに来て、出会う人もそうだけど、
お店の人がとても笑顔なのに驚く。
みんな黙々と仕事してるけど、話すとぱっと花が咲いたように笑う。
帰省シーズンで人も多いし、特別私が外から来ている作家だからという事ではないみたい。
コンビニの店員さんなんかも、普通にレジでやり取りしてありがとうございましたっていうとき、ほんとに友達に笑うみたいな笑顔で笑うんだ。
そんなこと東京でも関西でもあり得ない感じででちょっと驚く。
関西の商売する人の愛想のいい笑顔とはまた違う、普通に人に笑う感じ。
朗らかで笑顔の多いのは秋田の特性なのか、この村の特徴なのか。
人間関係が顔が見える範囲で近いからかもしれない。
とにかく、みんな出会う人出会う人、笑顔がすてきだなぁと思う。
東京でこんな風に会う人会う人にいちいち笑っていたら疲れてしまうだろうな。レジでも品物だけ見て目は会わせないで口だけでありがとうございましたって言うのが普通で特に失礼だとも思わなくなっている。本当は人間のコミュ二ケーション能力のキャパシティーなんて限度があって、この村くらいの数が人間らしさにとって適度なのかもしれない。

制作している廃校の学校は、もちろんエアコンなど無く、あまりの暑さで毎日午後は気が遠くなり、なぜか眠くなる。東北の夏の祭りであるねぶたや花笠等の七夕行事は、由来が「ねぶり流し」(暑さで生じる眠けを川に流す)だというが、今まで意味が分からなかったけど今回ほんとうに眠くなるんだと体感した。
日頃、エアコンのきいた部屋で制作している事が多い体は暑さに慣れていなく悲鳴を上げている。窓を開けると蜂みたいなでっかいアブが猛威を振るっていて、おびえて過ごす。ここ数日くしゃみと頭が痛くて風邪かと思ってたんだけど、7年間閉ざされていた学校はカビがすごくてそれが頭痛の原因だったようで、村の人に手伝ってもらって床にカビキラーをまいて拭き掃除、厚手のフィルターマスクをしたらましになった。
いくら自然が美しいと感動しても、私には自然の中で土地を耕して暮らして行くような体力はない。矛盾の固まりだなと思う。さらに私はアレルギー体質で、杉と米とカビと猫とそういった物がダメで、不思議と排気ガスの所は平気。汚い都会でしか暮らせないおかしな生き物だ。生物として終わってるなと思う。花粉症やアレルギーの子供が年々増えているけど、都市化で人間全体がどんどん矛盾して進化していってるように感じる。
私は、だからこそ自然に憧れるし、自然の生命力に畏怖の念を抱く。
自然と乖離している自分だからこそ、強く自らの中の美しい自然との接点を求めて絵を描いているのだと思う。

スポーツセンターの剥製。カモシカ、熊、山鳥。この辺りのものたち。

上小阿仁の広報紙。沖田面の友倉神社。大切にされている氏神様。

おや、この人は・・・!お世話になっている地域おこし協力隊の彼です。

冬には夜中に裸で神社まで駆け上るという裸祭りが行われる。
林業や鉱山やマタギなどの文化があった地域だけに、男の世界の気風の名残を感じる。
長い冬にはいろいろな文化があり、冬も来てみたい。

今月号はKAMIKOANIプロジェクトも記事になっていた。


私が村でとても好きな場所。新しく移転した丘の上の小中学校から見る景色。
見た事無いくらいアジサイが咲いていて、村役場や道の駅が見下ろせる。

まるで夢のよう。
こんなところ見たことない。

 
大学時代の友達が突然亡くなったと知らせが来た。
天国ってこんなところかなぁ。


ここは楽園か。それとも原始の異界との境界か。


八木沢集落

7月7日に上小阿仁村に展示の下見に行きました。

その日は、KAMIKOANIプロジェクトに向けて、八木沢集落での大規模なお掃除ワークショップと日比野さんの明後日朝顔のプロジェクトが行われました。
県庁の方、村の方々、秋田公立美術大学の先生や学生さん、有志が総出でプロジェクト開催を進めておられました。
私は終盤から参加して見学させていただき、秋田テレビの取材インタビューを受けました。
暑い中大変な作業にも関わらず、皆さん生き生きと楽しそうにされていたのが印象的でした。

アートが地域と関わる事で、日常の中に非日常が生まれ、新しい観点がひらけること。
アーティストというのは社会の境界に立ち、フィルターとしてそれを提示する役割です。
一緒に新しい未来を作りたいと思います。

私もこういった場を訪れる事が出来る機会により、より深く自分の思索を深める体験が出来ます。

この企画を立ち上げられたのは、芝山昌也さんというアーティストで、総合ディレクター、秋田公立美術大学の准教授です。2年前に芝山さんが越後妻有の大地の芸術祭に参加された事をきっかけに、飛び地開催という事で昨年KAMIKOANIプロジェクトが開催され、非常に好評であったので今年から県の支援でアーティストインレジデンスと展覧会プロジェクトが毎年開催されて行く事になりました。
芝山さんは今年、秋田市内で開催される秋田アートプロジェクトと、山間部のKAMIKOANIプロジェクトの両方のプロデューサーをされていてとっても忙しそうです。今までゼロダテが有名でしたが、新しくムーブメントが起こっていて秋田が熱くなりそうです。

上小阿仁村八木沢集落の様子。

自然が美しく、素晴らしいところです。

八木沢


八木沢分校
こちらがレジデンスの沖田面小学校から車で20分、KAMMIKOANIプロジェクトの中心となる八木沢分校です。


明後日朝顔をみんなで植えました。





とってもいい絵だなぁ。

伝統芸能の八木沢番楽

村の位置はここ

みなさんおつかれさまです!

川をわたった向こうにひらける棚田。こちらでも野外作品が展開されます。
ステージが組まれ、音楽や伝統芸能のイベントが開催されます。


八木沢地図



その日の夜遅く、美しい秋田から東京に帰宅したとき、再稼働に揺れる新潟県知事の苦悩をよそに煌煌と走る山手線の昼のようなまぶしい駅の明るさと効き過ぎた冷房と、そこでしか生きられない自分も含めた現代人のあり方に本当に辟易とし、疑問を感じました。
いま、多くの場所でうしなわれていこうとしているかつての暮らしが、上小阿仁村にはありました。
私たちは近代化と経済成長の中で一見便利で豊かな暮らしを手に入れましたが、かたや置き去りにしてきた物や失ってしまったものも多くあり、その中に素晴らしいものや重大な事があります。
それらを比べて、そのどちらでもない、新しいやり方を作り出して行くこと。

KAMIKOANIプロジェクトでここを訪れる人にも、多分同じような事を感じてもらえるのではないかと思いました。






沖田面小学校

 KAMIKOANIプロジェクト、私が参加するアーティストインレジデンスの会場となる、上小阿仁村の沖田面小学校です。集落の中心にあり立派な学校なのですが、数年前に近隣の小学校と統合され、廃校になったそうです。私はこちらで滞在制作、作品展示をします。
KAMIKOANIプロジェクトの会場はもう一つあり、この大きい集落から20分ほど山道をすすんだところにある、八木沢集落には小さな木造の分校があり、そちらでも秋田の作家を中心とした作品が展開されます。

先日下見に行ってきました。7月7日
アーティストインレジデンスの会場となる沖田面小学校

沖田面小

教室

廊下
懐かしい昭和の小学校。子供の頃を思い出します。ドアや建具などに味があって素敵ですね。

館内図
2階建てのコンクリート作りの学校です。
今回は音楽室、理科室、保健室と、一階の教室を使って展示が行われます。

沖田面小正面
上小阿仁村役場の職員で地域おこし協力隊の水原さん。
色々とお世話になります!
着ておられるのは昨年のKAMIKOANIプロジェクトのオフィシャルTシャツです。
愛がありますね!

道
小学校の前。駐車場が広いです。
おそらく会期中は来場者はここに車を停められるのかと思います。

沖田面小学校への道
県道から集落の中心を通って小学校へ続く道

内と外、自然と人工、楽園と境界、想像と現実


私は今まで色々な絵を描いて作品を作ってきたけれど、ずっと描いている物は共通している。
 つまり、楽園と言うのは体の中にあって、中と外がつながっているというのが理想的な状態である。だけれども私達現代人は自分自身が自然の一部でありながら自然そのままでは生きられない、自然と断絶した状態にある。それゆえ人は楽園を求め、私はこのような絵を描いているのだと思う。

work-utopia
2012 Utopia/Boundary 

work-womb

2010 Womb

秋田アーティストインレジデンス出品作品

KAMIKOANIプロジェクト
出品作品タイトル:「MOUNTAIN/楽園/境界」

1,鏡のインスタレーション作品。過去の代表作を再構築し新しい作品を作ります。
素材:アクリルミラー、木

2,ドローイング作品。滞在制作します。
素材:顔料、鉛筆、紙
以下は、出品に寄せて書いた作品テキストです。

私は「楽園」をテーマに描いています。「楽園」とは、誰もが知っているのに誰も実際には行った事が無い、どこにも無いのに誰もが知っている不思議な景色です。人の記 
憶の中、心の中だけにある風景。楽園とは人が生きて行く上で必要な自然の生命体としての原風景なのかもしれせん。
校舎の中に、鏡によって描かれた二次元の絵の世界が広がり、そこに鑑賞者と現実の3次元の世界が映り込み、夢と現実が交差します。見る人は絵の一部となり、 
自らの記憶と向き合います。
即興のドローイングの作品では、内なる記憶のイメージと向き合い、森羅万象が一体となる自然の在り様を描き出します。

今は無い失われた場所、もしくはこれからあなたが作る未来への希望。
itabi-work

秋田県上小阿仁村


8月は、秋田県上小阿仁村で開催されるアートプロジェクト、KAMIKOANIプロジェクト2013に参加します!

参加アーティスト情報がホームページにアップされました。
草間弥生のかぼちゃも棚田に降臨です。
私はレジデンスアーティストとして沖田面小学校にて滞在制作をします。

開催地区の上小阿仁村は、秋田県の山間部に位置し、マタギに縁の深い村ということで、お話を頂いた時に大変興味を持ちました。
今は失われた自然と人との暮らしの在り方について、考えてみることができると思ったからです。
開催地区の八木沢集落の会長さんは集落最後のマタギであったということで、お会いできるのを楽しみにしております。

http://kamikoani.com/

八木沢

六甲山ホテル


六甲山ホテルは古くからある山岳リゾートホテルでです。
何度か宿泊しましたが旧館の建築が味わいがあってとても良いホテルで大好きです。
ぜひここで展示したいと思いました。

今回は、六甲山の自然をテーマに、日常の人工の世界と自然との境界線上にある、入りとしてこのホテルをとらえています。
そういったものを感じる「場」として作品を通して立ち現したいと思います。
また、絵画自体がそういう物であると思います。

ところで今回、六甲山に生息する野鳥や植物をモチーフに取り入れて描いているのですが、
その参考に、実際六甲山にお住まいになっている六甲山ホテルの豊島さんに色々とお話を伺いました。豊島さんは山の動植物の写真を沢山撮影されています。ホテルのリビングでもスライドが上映されていて見ることができるのですが、その写真が素晴らしい。水滴の写真など引き込まれそうです!
こちらのブログに掲載されています↓

「神戸 六甲山ホテルスタッフの 四季折々」

ホテルロビー

ホテルロビーの鹿

ホテル部屋2

旧館の客室

六甲ミーツアート2013 芸術散歩

六甲山の山上で毎年開催される「 六甲ミーツアート2013」に参加します。

ホームページに参加アーティスト情報がUPされました。
http://www.rokkosan.com/art2013/artist/

私は六甲山ホテルの吹き抜けロビーと、ホテル菜園にある池のほとりに作品を設置します!
鏡の作品シリーズ初の野外設置です。

以前から考えていた森の中での作品展開を実現させる新しい実験の場となります。
どういった空間が現れるか私も楽しみです。

六甲山上は標高が高く素晴らしく美しい所です。
ぜひご高覧下さい。


http://www.rokkosan.com/art2013/