風呂敷ワークショップ

今日は風呂敷ワークショップでした。

夏枝ちゃんの指導のもと、まず布を好きな色に染める。
そのあと型染めをする。風呂敷の出来上がり。

私は型紙を切る。
あらかじめ用意したやつは失敗した…。
作品と同じように絵を描くように切ってたら、深いキワがめくれてきてダメなことに気づく。
夏枝ちゃんに見本を切ってもらってようやく理解する。笑
型にするにはスリットを深くしないで所々つなげていかないとダメなんだな。

狩野派の鳳凰を見ながら触手やハート型を混ぜ込んで型を切る。
理解後は、さくさく切って、後はいつもどおり仕上げられた。
切った型紙を使ってステンシルのように染める。
参加した人に喜んでもらえてうれしい。
また後ほど画像UPします。
Tシャツや、パラモデル靴下も作りました!
テナシイヌかわいいです。

対象物をデフォルメして、シルエットをネガとポジ反転させながら型を切っているといろいろな空間が浮かんだ。
切りながら、染めの方法は日本の図の在り方や造型感覚にも相互影響をもたらしてるなぁと改めて感じた。
美しき…。

中国や韓国の着物は無地が多いけど、どうして日本の着物はあんなに全体的に柄が入っているのだろうか。絵画と着物の境目が近い。

近代化において芸術・絵画・工芸と言う概念が輸入され、いっしょうけんめい分類分けされたわけだけれど、それ以前の日本ではその線引きはあいまいで一体となったものだった。染織した着物に蒔絵の道具に木彫や襖絵の建築空間…。
私は、そういうあり方の面白さに立ち戻ってみたらどうかと思うのですよね。
それはある意味非常に前衛。
芸術と工芸を技法で分ける分類はもう古いですよ。
何が芸術で芸術でないといわれているものは何か。
はっきり言って日本の美術大学で絵画といわれている物の中にも工芸作品はある。腐ってます。
世の中がパンクばかりになっても困るからクラッシックがあるのもいいけどね。

ずっと版が気になっているのだけど、そろそろ本格的に作品に取り入れようかな。
と、そんなわけで自分自身にフィードバックの多かったWSでした。





コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL