にゃんそく



今日も壁画の続き。
昨日描いた図にアクリル絵の具と面相筆で筆入れをする。
描いてる間、ずっとニャンコ先生が後ろで見ておられる。
今日は玄関に入るなりスリリッと寄ってきた。
普段は知らない人にあまりなつかないそう。
どうやらフクロ茸のせいでなくて私が猫好きする臭いがしているらしい。
依頼主は仕事に出かけられ、ニャンコ先生と二人きりで夕方まで過ごす。
猫は若くて元気で美しい。
ときおり靴下を脱がされたりしつつ集中して描く。

絵の下のほうに猫足が入っています。
昨日は帰りにニク球を見せてもらった。
さすがに飼い主でないと足の裏は見せてくれません。
まめまめしい肉球。猫革ですね。
6時に帰る。
今日は半分ぐらい出来た。
ちなみに私は猫アレルギーです。でも猫は嫌いじゃない。

お昼は近くの「まんまん堂」の肉まんを買って食べた。
知り合いの子が働いている。
手作りの肉まん屋さんでとてもおいしい。
本格中華皮で130円と安いです。
そして「まんまん堂」は「元気まんまんやる気まんまん」と言う意味らしいです。

襖もやらないとスケジュールがやばいので、6時から芸センに行ってふたたび制作。
16枚の襖に胡粉の下地を塗る。
疲れて一秒でも早く帰りたいと思いながら9時ごろヨロヨロ帰る。
疲れたです。

夜、また美術論についてあれこれ本を読み比べしつつ考えていて、私は「massless」という次なるひとつの答えに到達していることとつながった。
そうだ。
これはやっぱり重要だと確信する。


コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL