てんき

neko

今日は昼食後、ある方の家を訪ねる。
注文を受けて壁画を描くことになった。
いろいろとお話をする。
そこのお宅には美しい猫がいる。
先ほど昼食に食べたフクロ茸の煮物の香辛料の匂いが好いようで、スリスリと寄ってくる。
よろしく…。
帰ってからも猫のことを思い出した。
猫の有り様はヌルヌルっとしている事に気がついた。
最近何人かの方に作品を購入していただいたおかげで
今回の制作費が何とかなりそうなメドがついた。
みなさんありがとうございます。良い作品を創れます。
バイクとピアノを売ろうかと考えていたのだけれど売らなくてよくなりそう。次のピンチのためにとっておこう。
マッチ…。マッチはいかがですか…?
と、ここのところ貧しいマッチ売りの少女のような心境だったのだけれど、希望が見えてきたので切りたかった髪を切りに行く。
烏丸で髪を切った後、ニュートロンを通りがかるとオーナーの石橋さんがおられて久々にあいさつする。同い年とは思えない若々しい髪型。
今の展示は知人の大船くんの個展。本人もちょうどおられた。フランスでも発表している彼と海外事情などを話する。作品は、視界が立ち上がってきている感じがありました。
そのあと、芸術センターの制作室へ行って制作。
整理する。
ドローイングしてたら猫が出てきた。ヌルっとね。
夜、前田コーヒーで晩御飯を食べようとしたら、
偶然、仲の良かった高校の同級生と6年ぶりぐらいに再会した。
私はここ6年の間5回も引越ししていたので昔の友達とはあまり会う機会が無かったんだけど、お互い変わらないねーと、うれしくなる。
美術高校で一緒だった彼女は、今は服飾のデザイナーをしている。相変わらず海外出張で忙しいらしい。
家に帰って彼女のデザインしているブランドのHPを見たら、フト高校のときの彼女の作品を思い出した。テイストからは彼女の人柄が出ている気がして、それってすごいなぁと思った。作り続けられる人とそうでない人がいてそれって才能とかいう言葉よりも不思議な素質だと思う。
まさにルーツに立ち返る気持ちになりました。
明日も制作。
そして友達の福元直人くんの個展の搬出をお手伝いする予定。
ギャラリーマロニエで鯰展開催中です。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL