類は友を呼ぶ

明日は仕事で知的障害のある人のための美術鑑賞ツアーをやるので、今日はコースの下見をする。
「美術館とカフェ」というアート系余暇活動の企画で、展覧会の内容やテーマはもちろんだけど、来るみなさんにとっては「カフェ」の部分も余暇活動の大きな魅力なので、どこにするかが重要。
そんなわけでスィーツチェック。
下見と言いながら京都市美術館の近くのちいさなカフェでケーキを食べる。
予想外にでかいシフォンケーキがやってくる。
うむ。ここはなかなかよいね。

明日行こうと思ってたけど、せっかくなので向かいの「ギャラリーはねうさぎ」を覗く。
河合晋平さんという作家の個展。
以前から作品は知っていて、すごく好き。
架空の生命体の生態系を鮮やかな樹脂で作る作品は、新たに進化していた。
偶然、先月個展をした神戸のストリートギャラリーのオーナー窪田さんが来ておられてびっくり。(窪田さん自身も作家で来月ストリートギャラリーで展示されるそうです。)
作家さんもおられて、はじめてお話をする。
今回はバターロールに樹脂をかけて芋虫みたいな架空の生き物を作っておられる。
私も増殖する細胞とか生き物を描いているけど、こちらはリアルな立体になっている。
素敵…。ほ、欲しい…。
カエルの生態の話や、パンや野菜などを見ているとそれ自体が違う生き物のような妄想が膨らんで愛情がわいてくるというような話で盛り上がる。
そこへ、作家の宮川さんが登場。
焼成というキーワードでパンと陶器で現代美術の作品を作る人。陶器がパンでパンが陶器になっている。
お二人パンの話で盛り上がられる。
そして3人とも以前窪田さんに声をかけられストリートギャラリーで個展をしたことが解る。
パン・生物・ミニマル、そしてフェチ…。
変態…。(失礼。自分も含めてね。)
世の中にはいろんな事を考えている変態が、いや作家が居るもんだなぁと改めて思った。笑
非常に楽しかったです。

そのあと芸センにいって制作。
今日も引き手の穴あけでした。
明日はフンデルトワッサーに行ってきます。
ワッサーとパンの生き物見たらみんな何て言うかな☆

コメント

おお、河合さん懐かしい・・
お元気でおられたでしょうか。

  • ミゾ
  • 2006/04/22 10:50

どうも類に友を呼ばれた宮川です。
少しの時間でしたが楽しい会話でしたね。
またお会いしましょう。
>パン・生物・ミニマル、そしてフェチ…。
変態…。
私もその通りです。
今後もよろしくお願いします〜〜。
俺もフンデルト=ワッサー行かねば!
アトリエ時代よく真似して描いてました。

  • ミヤッティ
  • 2006/04/23 11:21

>ミゾ
知り合いなんだ!
関西は狭いねぇ〜。
お元気そうでしたよ〜。
いろいろ説明していただきました。
ヤドクガエルの話など。笑

>ミヤッティさん
どうも!
こちらこそよろしくです〜。
ミヤッティさんの個展のパン屋の格好をしたお茶会の写真、(こうして書くと意味が解らないですね笑)とっても面白かったです。
しかしあんなところで太郎君の写真を見るとは、ほんとに関西は狭いですねぇ。

  • misa
  • 2006/04/24 00:07
トラックバック
この記事のトラックバックURL