コレクション展と散華

午前中voicegalleryのコレクション展の搬入。

車で河原町今出川まで行く道すがら、えらい混んでてちっとも進まない。
平日なのに何?と思ったら、桜が咲き始めていた。
世間は春休みラストスパートなのね。
蹴上〜川端通りはまだ5部咲きくらいかな。

今回展示している小品はパレスサイドの時に制作した鏡の作品「Nirvana 陰陽ドレッサー」と、ドローイング「パレスサイドの夜」と、そのシリーズの新しいドローイング1点「発芽鹿の森」。
ドローイングは小さな紙ですが、鉛筆や絵の具で描いているのではありません。紙のぺらぺらした物質性と絵画空間が、揺らぐところが気に入っている。壁に絵を作ってあります。
9日まで。

そのあと、法然院に行く。
roots展の作家の呉夏枝ちゃんとコーディネーターの山本さんと会う。夏枝ちゃんもvoiceのコレクション展に作品が出ていた。

観光シーズンの今、法然院では年に二回の一般特別公開をしている。いつもは入れない奥の部屋や茶室や庭や楼閣に入ることができる。
法然上人ゆかりのこのお寺は散華で有名。
インスタレーションです。
散華とは本堂のご本尊阿弥陀さまの前の須弥壇に生花を散らし置く行事。
季節によって置かれる花は違い、夏はアジサイ、春は椿。
花の数は25個と決まっていて25菩薩をあらわしている。
阿弥陀様と参拝者の間にある柵(←なんて言うか忘れました。)より向こうの須弥壇がある内陣は来世を表していて外側の外陣は現世を表しているとのこと。だから修行しているお坊さんしか内陣には入っちゃだめなんだって。
お坊さんはあの世とこの世の人をつなぐ役割をする「境界者」なのですね。
現代のアーティストと似ているな。

見なくてはと思っていた襖や屏風絵は、堂本印象さんや、桃山城から移築した狩野元信の襖絵がありました。構図や構成を簡単にスケッチする。
浄土宗のお寺と言うことで期待していた来迎図屏風は江戸時代とわりと新しいものでした。公開や収蔵していないだけで他にもあるのかもね。

庭が…すごくよかった。だめ。
各部屋から見えるすべての景色、完璧な構図でほぼ絵画。
音や水まで使った高度な空間構成インスタレーションであり、パノラマ絵画ですね。また、部屋の仕切りが現代の建築とは違うので、空間構成が豊かでくらくらする感じがありました。

パノラマといえば、稲垣足穂さんのお墓もありまして、最後におまいりしてきました。あと福田平八郎さんのお墓もありました。九州人で日展日本画創世記に重鎮だった画家。京都画壇に骨をうずめておられるのですね。尊敬しております。
なむあみだぶつ。

そのあと夏枝ちゃんとお茶を飲み、彼女を芸術センターまで送って帰る。
雨が降ってきた。
無性に眠くなり、途中で車を止めて個一時間ほど寝る。
休日ひとりでどこかに出かけて、雨や嵐の時に車の中で寝るのが好き。
いい感じなのでみなさんもやってみてください。
コメント

雨・車・昼寝。いいですねー
それを聞いて、免許を取りたくなりました 笑。

  • 烏龍
  • 2006/04/05 20:30

烏龍さんどうも!
外は雨だけど中は安全っていうのが落ち着くのかもね。体内みたいで。

  • misa
  • 2006/04/06 13:23
トラックバック
この記事のトラックバックURL