ブラジルレジデンス Project Fidalga での個展

Ploject Fidalga  Misa Funai exhibition
[ Paradise/Boundary: Some were not here ]
スタジオ・フィダルガ  http://www.ateliefidalga.com

フィダルガ・イザベラ1

 

 

 

フィダルガ・イザベラ2

 

展示室は二部屋あり、手間の広い部屋には、鏡で楽園を描くシリーズのステンレスピースと、黒と白の丸と三角のキャンバス、四角い部屋の壁に直接描いたウォールペィンティングとで空間を新しくつくり、構成しました。奥の部屋には、サンパウロの滞在で訪れた楽園のようなビーチの風景をモチーフにキャンバスに描いたペィンティングの作品を飾りました。
二つの部屋はキャンバスから転じて空間が拡散する架空の楽園と、キャンバスに収まった現実の楽園のような景色で、反転して構成されています。
ブラジルのビーチの風景はまるで鏡の中の空想の世界そのものの楽園のようでしたが、現実社会には貧富の差などの深刻な社会問題があり、楽園を追い求める人間の救済の力について考えさせられ、それを作品に反映させました。
アーティストのサンドラ・シントとアルバーノ・アフォンソが運営するスタジオフィダルガ。
彼らのスタジオ・オフィスのあるビルと、グループメンバーのスタジオ、アーティストインレジデンスのプロジェクトスペースのある建物とがあり、そこにギャラリーが併設されています。
サンパウロにはたくさんの規模の大きなコマーシャルギャラリーと、幾つかのアーティストグループやアーティストランのスタジオがあり、フィダルガはその中でも中心的な存在。

個展の会期中に、ちょうどサンパウロアートフェアーが開催される週があり、関連するオープンスタジオやギャラリーツアー、ナイトツアーなどが開催され、たくさんの来場者が訪れました。

美術関係者のスタジオツアーでフィダルガのアーティストの所属するギャラリーの方が作品を見に来てくれて、気に入ってくれ、数日後にスタートするサンパウロアートフェアーで是非扱いたい、すぐに欲しいとのことで展示していた作品を数点預けることになり、急遽 鏡のピースとキャンバスを壁から外して搬入しました。
そのため公式の記録写真には写っていない作品があります。
私が帰国した後、作品はサンパウロアートフェアーに出展されました。

私の滞在中、様々なサポートをしてくれたサンドラとアルバーノに深く感謝します。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL