ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 楽園/境界〜いつかいた場所〜 | main |
2017.09.08 Friday

「楽園/境界〜いつかいた場所〜」最終週

国際芸術センター青森での個展、いよいよ今週末がラストとなりました。

私もふたたび青森にやってきました。


今回の個展は、初期の線描によるペインティングから、鏡や色面によるインスタレーションへと、これまでの制作を振り返る展示となっています。

出品作品の中で一番古い作品は、2002年に関口芸術基金絵画大賞展でNYに滞在していた頃に描いたペインティングで、今回始めて展示する作品もいくつかあります。
NYから京都に帰ってきてvoicegalleryで個展をした時の作品や、2009年のVOCA展のペィンティング、2010年のVOCA展の鏡の作品、2005年の日本画ジャックに出品した作品など、これまでの代表作が展示されています。
タブローと遊具型のインスタレーションは一同に展示するのは初めてで、それらにつながる一貫した作品のテーマと、絵画空間に対する興味が進化して展開して行く様子がわかる展示となっています。
天井高6メートル、奥行き60メートルの円形ギャラリーならではの展示となっていて、作品のサイズが大きいので、今後もこれだけの作品を一度に展示出来る事は無いのではないかと思います。
今週末はぜひ青森にお越し下さい。

http://www.acac-aomori.jp

週末はイベントがあります。
●ワークショップいろのらくえん
日時:9月9日(土)13:30−16:30
会場:創作棟ワークショップスタジオ
対象:3歳〜成人(未就学児は保護者同伴)
材料費:1セット2,000円/定員:20組

 

● AIRSインタビュー

国際芸術センター青森の市民によるサポーター団体であるAIRSに、これまでのアートとの関わりや青森のまちでの市民芸術活動についてお話を伺います。
スピーカー:船井美佐×AIRS

会場:9月9日(土)ラウンジ17:00~19:00

対象:どなたでもお聞きいただけます。(出入り自由)

●公開トークセッション「美術と社会―あなた/わたし/こども/おとな」

美術と社会の関わりについて考察し実践する船井美佐。社会の中で美術はどのような存在なのか?作品と子供の関係性から、美術館での新しい展覧会のあり方や教育普及への取り組みなど、現代の問題点と可能性について、東京都現代美術館で乳幼児向けの展覧会「ワンダフルワールド」を企画した山本雅美さんをゲストに招き、本展担当学芸員とともに、それぞれの活動から話します。

スピーカー:船井美佐×山本雅美(船橋市教育委員会学芸員、元東京都現代美術館学芸員)×金子由紀子(国際芸術センター青森学芸員、本展企画担当)
日時:9月10日(日)13:30−15:30
会場:展示棟ラウンジ
対象:どなたでも
参加料等:無料/申込不要/直接会場においでください

http://www.acac-aomori.jp/workshopcat/workshopja/

 

,

 

,

 

,

 

.

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album