ワークショップ〜いろのらくえん〜

昨年MOTで開催して大好評だったワークショップを今年も開催します。

境界を描く〜いろのらくえん〜
平面の2次元と現実の三次元の境界をたゆたう楽園を作る、モビールづくり。
私の作品の様々なかたちから好きな形を選んで好きな色を塗り糸でつないで空間に吊るす作品を作ります。
昨年は募集15組のところに100通近いはがきが来てビックリしました。
今回も対象年齢は3歳から大人ということで、幼児から参加することが出来ます。
今回は、前回端材の段ボールでつくっていたモビールを改良して、素材をMDFボードにグレードアップしました!
がんばれば作品と同じくらいのクオリティの物が作れます。完成した作品はお家に飾ってください。
今年の作品のサンプルです。
4歳の息子が塗りましたのでがさがさしていますがそれもまた味わいです。w
昨年はターナー色彩株式会社さんにスポンサーになっていただいて、Jカラーという扱いやすい塗料の色を沢山用意して、ずらーっと並べた中から好きな色を選んで塗ってもらったのですが、驚いたのは、ほんとうに子供一人一人選ぶ色が全く違って、それぞれの好きな色やテイストがはっきりとあるんです。3・4歳のこんな小さな子供でもすでに感性というのは一人一人特別の世界を持っているのだなぁと感動しました。女の子は着ている服と選んでいる色のトーンが一緒だったりして。
人によってブルー系だったり、パステルカラーだったり、ビビットな純色を集めていたり、おなじものがまったくなくて、教えてないのによくまとめてるなぁとこちらが感心するほど。
3歳という年齢は、絵の具は食べたらいけないということもわかるようになり、ちょうど筆も使えるようになって、自分の意志も伝えられるようになって来て、いろんな事が変わり始めるとき。
はじめて絵の具で色を塗るという行為は子供にとっても刺激的で主体的に楽しめるようで、すぐ飽きてしまう子もいるかなと思っていたのですが、みなさん時間ギリギリまで集中して取り組んでおられました。なので昨年は当初の予定を変更して糸で吊る部分はお家でやってもらう事にして塗る作業の時間を増やしました。
今年は、昨年の様子をふまえてまた違った構成にしようと思っています。
3歳児から大人まで楽しんで作れる内容となっております。
 
今年はどんな作品が出来るのか楽しみです。

詳細とお申し込みは下記の各施設まで。

奈義町現代美術館
2015年8月29日(土)・8月30日(日)
両日それぞれ10組です。
美術館併設の磯崎新さん設計のカッコイイ和室にて制作活動します。

FM長野
2015年9月5日(土)
FM長野さんの企画で、人気パーソナリティ伊織さんと行く美ヶ原美術館ツアーという企画です。
長野県民なら知らない人はいないという伊織さんとはこちら☆→http://fmniori.naganoblog.jp/e1756691.html

美ケ原高原美術館
2015年9月6日(日)
※こちらは出入りが自由参加のイベントのためモビールではなくオーナメントブローチ1個500円となっています。
参考写真のような大きなモビールを作りたい場合は他のイベントとおなじ2000円で作れます。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL