美ケ原高原美術館

オープンしました!
到着した日はまさかの吹雪でしたが、無事に搬入も終わり、
オープン当日は素晴らしい天気。ふきのとうが芽を出していました。
山の下の上田から丸子の街道は桜がきれいでした。
美ケ原高原は長野の真ん中にあるのでまわりをぐるりと山に囲まれていて、屋外彫刻のビーナスの塔の上に登ると、北アルプス、中央アルプス、南アルプスが全部見えました。

4月26日、山開きと共に開館でビーナスラインも開通。

入口には彫刻家の井上武吉さんの作品があります。
「マイ・スカイホール」四角いフレームから球体が吊り下げられています。
ステンレスミラーの映り込みといえば思い出すのがこの井上武吉の球体の作品ですよね。
私も、奈良の室生村、軽井沢のセゾン美術館、東京都美術館のエントランスの作品、箱根彫刻の森美術館の作品と、いくつか見ていますが、ここのは特別巨大で、近寄っても近寄ってもサイズが変わらなくてスケール感がわからなくなるくらい!
高さ18メートルで建築基準法を超えた特例の設置だそうです。
知らなかったのですが、井上武吉さんは彫刻の森とゆかりが深いらしく箱根の彫刻の森美術館は井上武吉さんの設計だそうです。
同じ彫刻の森財団で箱根の次に出来たのがこの美ヶ原高原美術館です。
収蔵品の彫刻が約300点、山一面に野外展示されています。
今回私が展示するのは館内ギャラリーの企画展で、2015年11月の閉山までの一年間の展示です。
「こどもと旅する美術館」展、オープンしました。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL