rocki'n rabbit 穴兎


昨年のMOTの作品。
初めての試みで、インスタレーションの一部として乗れる絵画の作品を作りました。
乗れる絵。ゆらゆらゆれる穴に飛び込むウサギ達。子供達はそれに乗ってあっちへ行ったりこっちへ来たり。
点在するそれらを構成して一つの絵画空間を作りたい。と思ったのです。
これまでの作品の試作をアトリエで触っていて、鏡の作品を作って来た方法を使えば作れる!と思いました。
そんなところから絵の面でできた乗りものを木馬のような形で作りたいと思っていてそれを実現に移したわけですが、完成に至るまで2年ほどありとあらゆる子供用乗り物を買ったり測ったりして研究しました。まず美術作品で触れる、乗れる、というのが通常はあり得ない上に、夏休みにわんさか子供が来て乗っても壊れない、事故がない、という前提はかなり制作のハードルが高いです。
始めはもっとボリュームのある塊として作る作り方やFRPで作る事なども案に上がったのですが、私が作っているのは平面作品であり、あくまでも平面が屹立した2次元の面である形にしたかったので、立体感が出ないように形に注意を払っています。
色々試作した結果、最終的に素材は木で2枚の立つ面で作ることにして、さらに安全のためには幼児が乗るにはこれくらいの重量でこの幅でこのバランスでこの角度で組めば出来る!というところにまでたどりつきました。
そして加工をしていくうえで、沢山の子供が乗るもので、それも毎日毎日2ヶ月間…と言うことで、安全面や強度を確かなものにしておきたかったということもあり、木の加工の専門家にも相談した方がいいと言うことになって、協力してくれる家具工房を探して相談に乗ってもらいました。
色々な方と会って相談しましたが、デリバリーワークスの俵藤さんに紹介してもらったのが、koikoi furnuture factoryの比嘉さんです。祐天寺にある工房にうかがってお話しして、比嘉さんのやさしい人柄にふれて、一緒に作る事をお願いする事にしました。
ロッキング作品の四角い底枠部分の制作を依頼。
何度も通って相談して試作を作って完成!
フレームは見え方によって何パターンかあり、今も改良を重ねています。
側面の角度をスライスするためにどうするかと悩んでいたのですが、シンプルな方法を思いつき、相談した所できますとの事。
工房には大型の機械が沢山あり、やはりプロは加工の精度が素晴らしい。
私が考えた構造を図面で見てもらって、どう思います?と一緒に相談出来たのでとても安心感がありました。
比嘉さんにしても普段こんなものを作る事は無いわけで変な依頼で困ったと思いますが…。
誰も作っていないものをゼロから作るというのは面白いものです。
 
今回は木について比嘉さんのお話を聞いたり、自分でも毎日削ったり加工してみて木という素材の魅力を感じました。
ステンレスと比べると柔らかく感じて面白い。
余裕ができたらもっといい木も使って作ってみたいと思う。
koikoiさんは本来はオーダー家具や店舗の什器を制作されている工房で、いつもとっても忙しそうです。
いつかkoikoiさんに家の家具を注文したいなぁ〜。と思う今日この頃。
http://www.koikoi-furniture.com/about/
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL