KAMIKOANIプロジェクト2013終了

KAMIKOANIプロジェクト
14日にフィナーレをむかえました!秋晴れの中、沢山の人にご来場頂き、棚田の杉舞台でライブとクロージングイベントが開催されました。
お世話になった村の方々に再会できて嬉しかったです。役場の総務課の方、文化財担当の議員さん、教育長さん、色々と作品制作に協力していただきました。村の方々、県庁や大学の関係者の方々、本当にどうもありがとうございました!おつかれさまです!
こういう、地域と密着した一人一人の顔が見える感じが他には無いディープなイベントになっていて、「村」という特別な場の持つ力が生みだす、大きな魅力であると思います。村には不思議な磁場がある。

経済効果とか地域活性とかアートプロジェクトには色々役割がありますが、この村をみているとこっちが心配になるくらいみんなそんな事無頓着で関係なくて、でもそれぞれが少しの日常の変化を楽しんでくれていて、みんなで楽しむ「祭り」それでいいんじゃないかなと思いました。経済より精神の活性化がアートの本来の一番の目的で、実は人が生きていく上で最も大切なものではないかと思います。そこが変われば全ての事は後からついてくる。全ては変わる。みんながここに来て「ああ、上小阿仁のあの空はきれいだったな〜」と日々のくらしの中で思い出すことから、世の中大きく変わっていくと思います。
 
美術の展覧会としても参加作品すべてに一貫したテーマがあり見応えのあるバランスのいい展示だったと思います。
各作家の作品の画像はまたまとめてUPしたいと思います。
ところで、いつも行っていた道の駅の食堂のお姉さんが、和太鼓チームの「鼓響」で出演されていて、演奏後に声をかけてくれてびっくり!
滞在中に村の踊りの会や番楽や伝統行事をいくつか見学しましたが、都会では崩壊している伝統芸能や技術が、さらりと日常生活と共存していてすごいなと度々思いました。
上小阿仁村かっこいい。w

なくしてしまったものがまだここにはある。
秋田県で最も高齢化が進む地域、過疎で消えゆく村と聞いてやってきたけど、来てみたら沢山の人々がみんな豊かにゆったり暮らしていて、行き詰まっているのはよっぽど都会の方じゃないか。


人が生きてきた道のりを振り返り、これから私たちはどう生きるのか?























コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL