オープン!

秋田県上小阿仁村

KAMIKOANIプロジェクト2013

八木沢の庚申塚。後ろに見えるのは総合ディレクターの芝山昌也さんの作品です。

秋田杉の棚田舞台で盛大にオープニングセレモニーが行われました。
向こうに見えるのは草間弥生のカボチャ作品。中に入れます。

彫刻家の市川ジュンさんと作品。そしてその風呂に入る参加作家達。笑
そして風呂の火の番をしてくれている村の少年!


始まっております!

毎日とても美しい景色と出会い、とてもとても素敵な村の人達と出会い、
良い時間を過ごしています。

私は写真の八木沢集落から20分ほど離れたの中心部にある沖田面小学校で滞在制作を行っています。制作は山場を越えて、インスタレーションはほぼ完成し、今は村の自然をスケッチしてまわっています。帰るまでにそれを一枚の絵にします。

秋田の人は、笑顔が多い。秋田の中でもここが特別なのかもしれないけれど、一見朴訥だけどちょっと話すと皆さんパッと笑顔で明るい。独特のほがらかな気風を感じます。
他の東北の街と比べても、おおらかな感じがする。
10日がたちましたが、この村の人達が大好きになりました。
だれだネットにあんなこと書いてるやつ!めっちゃいいところやないか!
お医者さんの件は単に地理的な問題の気がします。

ところで私が持ってきたPC用のE-MOBILEが圏外で、他のみんなはiphone5でデザリング出来ているのですが非対応機種でつながらず、この素晴らしく面白い日々をなかなかアップ出来なくて残念です。
いまは村役場の前にある道の駅「かみこあに」でネットの作業をしています。
おいしい物がたくさんあって幸せ☆
馬肉どんぶりとほおずきジュースがおすすめです。

もうすぐアーティストトークがあります。
8月18日レジデンス会場の旧沖田面小学校にて。
道の駅かみこあにとは車で5分くらいのところです。
滞在制作をしているアーティストが作品制作や村でのレジデンス滞在について語りますのでぜひご来場ください!
 http://kamikoani.com/?page_id=801

お盆という事もあり毎日沢山の人にきていただいています。
昨日は100人以上の来場者があり、制作しながら沢山の来場者の方とお話しする事が出来ました。レジデンスでこんなに忙しいのは初めてです。w 地元の方、旅行の方、帰省中の方、様々な人と、この廃校になった山村の小学校という場でお話しする中で、自分自身も作品やライフスタイルの事を色々な観点から考え直すきっかけになり、面白く思っています。
 
引き続き、頑張って良い作品を作りたいと思います。

オープニング、八木沢分校会場での作家による作品解説の様子。


カフェは売り切れ、駐車場も満車。会場まで秋田駅から臨時バスが出ました。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL