hotel初日

今日はアート・イン・トランジットの公開日。
2時ごろパレスサイドホテルに行く。

私の納める作品はペインティング一点と卓上三面鏡。
ペインティングは細胞の増殖するモチーフを描いた現代版花鳥画作品。
鏡の作品は白い仏壇みたいになっていて、開くと鏡に山水画や仏画のような構図で細胞の増殖するような有機形態のシルエットが描かれている。
扉には陰陽マークをピンクとオーロラのスワロフスキーを使ったデコ電の技法で装飾してある。
私の作品は個人的表出作業でありながら、東洋美術を現代の美術史や社会の中で捉えなおす作業でもある。

他の作家の部屋も面白い。
今回はいつもよりボリュームが豪華な感じ…。
平面の人は壁にかけるだけでその内世界を見せることになるけど、
それ以外の人の作品がこういう場とハマると面白いなと思った。
ホテルの部屋って日常と非日常、公共の場でもあるプライベートスペース。
陶器で日用品と動物が合体したオブジェを作る三木さんや、その場所の架空の物語を作る田中さんなんかは部屋自体が展示作品として機能していてとっても面白かった。逆にギャラリースペースでは見せ方が難しいんだろうな。

2階の特設カフェにて、見に来て下さった方とマッタリ。
同じく出品者のブブさんとお話しする。
彼女は性やジェンダーに関するパフォーマンス作品などで有名なお方。
私自身が描いているものは、実は非常に性的なものをテーマにしている。
そのことについては作品で伝える部分なので、普段コンセプトなどであまり触れることは無いけど、これは作品形態が変わっても永遠に変わらない部分。そんなわけでブブさんと作品世界のお話をしてみたかった。
私の学生時代の作品でニンフォマニア(女性の異常性欲のこと)というタイトルの作品があり、私は性欲とは生き物が存在する理由だと思っているのだけれど、それについて話すうちに、ブブさんは性欲と本能は別に存在するのではないか、行為と好意が実は別に存在することを肯定するというような話をされた。なるほど・・・。社会的な欲望と身体的な欲望のズレの話とも言える。私は人間はこれから先、別のあり方に進化していくのではないかと思っていて、それはたとえば雌雄同体だったりするのだけれど、そういう話も少しした。
なにか、共通するところが多々ありそうです。
そして、私自信がそれについてもう少し考える余地がありそう。そんなわけでまた日を改めて先駆者にお話をうかがうことにしたのでした。
楽しみです。

その後は、6月の法然院√rootsの作家で集まってミーティング。
偶然にもみんな以前にパレスサイド展参加者。
hajiさんとアイコちゃんが以前に作品を納めた部屋も、今回あわせて公開されている。
いつも本当に熱いこのメンバーでのミーティングですが、今日はあっさりと事務的な事項をいろいろと決定する。
芸術センター制作室の使用についてや、ワークショップの開催、ホームページ、イベント、助成金などについて。
来週また集まって具体的な作品プランを持ち寄ることにして今日は解散しました。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL