かけがわ茶エンナーレ2017

かけがわ茶エンナーレ 2017

https://www.chaennale.jp

昨年から準備してきたこの芸術祭、ついに始まりました!

山口裕美さんのキュレーションのアートセレクションで参加しています。
他の参加アーティストも豪華ですが、みなさんそれぞれ大作や新作で、普段の美術館での展示とは違う場所性と作品の絡みもあり、
とても見応えあるアートプロジェクトとなっています。
私は二つの場所で、新作を設置しました。

作品解説のテキストをこちらに載せておきます。

 

アーティスト:船井美佐

 

○作品タイトル:「大地をひらく、星をみあげる ーcometー 」  
制作年:2017年
素材:鏡
作品展示場所:五明地区 彗星発見の丘  
協力:五明茶業組合

 

○作品タイトル:「大地をひらく、星をみあげる ーSupernovaー 」
制作年:2017年
素材:塗料、木、ステンレス、鉄 
作品展示場所:We+138 テラス
協力: 株式会社尾崎工務店 

この作品は、We+138テラスと五明の茶畑に展示されていて、二つで一つの作品となっています。

 

We+138 と五明の茶畑に作品を設置し、星を描いた作品で二つの空間をつなぐ。 掛川の象徴である茶産業と城下町。かつて人々が大地を切り開き、長い間かけて培われてきた美しい茶畑の景色と、 現在進行形の駅前再開発の場所である We+138の二つの場所をつなげて創造する事で、 昔から続く人の営みの流れと、これから私達が作る未来の街へのビジョンに、思いを馳せます。 星は、茶畑に広がる星空、子供、過去と未来、破壊と創造、船井作品のテーマである2D と3D 、そして4Dを象徴しています。

 

−−−−−−−−−−

cometは彗星という意味。
五明の彗星発見の丘は、360度茶畑が広がり、夜に真っ暗になることから、星の観測場所として有名な場所です。
また、五明という地名は、五つの苗字の人がこの土地を切り開いたという説があり、今でもその5つの苗字の人が多く住んでいるそうです。
そこを訪れたとき、はるか彼方まで延々と手入れされた茶畑が続く景色の美しさに感動しました。また、かつてここを切り開いた人がいて、そこから人々の営みが今まで連綿と続いていることを感じました。星の光が地上に届くのと同じような、時の流れと暮らしのつながりを感じたのです。
どこの街のだれの家でも、はるか昔は原野で、誰かがその土地を切り開いたから家が建っていて街があるのです。

SuperNovaは超新星、ブラックホールの意味です。星が消滅と発生をするように、破壊と創造を繰り返し、人々のイマジネーションの力によって街が新しく変化して行く様子を重ね合わせています。
ここは、古くから続く城下町の商店が駅前再開発で壊され、昨年マンションとショッピングビルができた最も新しい場所であり、これからまた街が再生していく場所です。
五明と駅前を作品でつないで対比して考えてみることで、今まで続いてきた文化や産業や、これからの新しい街のありかた、ライフスタイルについて、みんなで思いをはせる機会になればと思います。


鏡を使った絵画は船井作品の代表作です。今回は反転して動く星と羽ばたく鳥をイメージして原画を描き、鏡をレーザーカットして作っています。
描かれた架空の絵の中に、見ている人と現実の景色がうつりこみ、 2次元と3次元、理想と現実、イマジネーションの世界と現実の景色が反転してひとつになる事をコンセプトとしている作品シリーズです。
遠くまで広がる茶畑の美しい景色と鑑賞者が、星空のイメージの中に一つになって映り込みます。

すべり台は、船井が3年前の東京都現代美術館の展示から手がけている、乗れる絵画作品のシリーズです。ここでも、絵の中に人々は入り込みイメージと現実が1つになります。そして、すべり台をくりかえし登って降りる行為に、母体、生と死と再生を表しています。そこで遊ぶ子供は、すべての人のかつての姿、生命の持つ原始の力に立ち返ることを象徴しています。
ぜひ大人の人も滑って、イマジネーションの力を再生してください。

 

 

※作品は写真撮影可能です。

ただし、SNSやネットに掲載する際は、作家名と、かけがわ茶エンナーレ2017というクレジットを必ず入れてください。

ART NAKANOSHIMA 2017

関西では久々の展示となります。鏡の作品を展示するのは初めて。大阪の方はぜひ。

「楽園/境界〜いつかいた場所〜」最終週

国際芸術センター青森での個展、いよいよ今週末がラストとなりました。

私もふたたび青森にやってきました。


今回の個展は、初期の線描によるペインティングから、鏡や色面によるインスタレーションへと、これまでの制作を振り返る展示となっています。

出品作品の中で一番古い作品は、2002年に関口芸術基金絵画大賞展でNYに滞在していた頃に描いたペインティングで、今回始めて展示する作品もいくつかあります。
NYから京都に帰ってきてvoicegalleryで個展をした時の作品や、2009年のVOCA展のペィンティング、2010年のVOCA展の鏡の作品、2005年の日本画ジャックに出品した作品など、これまでの代表作が展示されています。
タブローと遊具型のインスタレーションは一同に展示するのは初めてで、それらにつながる一貫した作品のテーマと、絵画空間に対する興味が進化して展開して行く様子がわかる展示となっています。
天井高6メートル、奥行き60メートルの円形ギャラリーならではの展示となっていて、作品のサイズが大きいので、今後もこれだけの作品を一度に展示出来る事は無いのではないかと思います。
今週末はぜひ青森にお越し下さい。

http://www.acac-aomori.jp

週末はイベントがあります。
●ワークショップいろのらくえん
日時:9月9日(土)13:30−16:30
会場:創作棟ワークショップスタジオ
対象:3歳〜成人(未就学児は保護者同伴)
材料費:1セット2,000円/定員:20組

 

● AIRSインタビュー

国際芸術センター青森の市民によるサポーター団体であるAIRSに、これまでのアートとの関わりや青森のまちでの市民芸術活動についてお話を伺います。
スピーカー:船井美佐×AIRS

会場:9月9日(土)ラウンジ17:00~19:00

対象:どなたでもお聞きいただけます。(出入り自由)

●公開トークセッション「美術と社会―あなた/わたし/こども/おとな」

美術と社会の関わりについて考察し実践する船井美佐。社会の中で美術はどのような存在なのか?作品と子供の関係性から、美術館での新しい展覧会のあり方や教育普及への取り組みなど、現代の問題点と可能性について、東京都現代美術館で乳幼児向けの展覧会「ワンダフルワールド」を企画した山本雅美さんをゲストに招き、本展担当学芸員とともに、それぞれの活動から話します。

スピーカー:船井美佐×山本雅美(船橋市教育委員会学芸員、元東京都現代美術館学芸員)×金子由紀子(国際芸術センター青森学芸員、本展企画担当)
日時:9月10日(日)13:30−15:30
会場:展示棟ラウンジ
対象:どなたでも
参加料等:無料/申込不要/直接会場においでください

http://www.acac-aomori.jp/workshopcat/workshopja/

 

,

 

,

 

,

 

.

 

 

 

 

楽園/境界〜いつかいた場所〜

国際芸術センター青森にて、これまでの活動を振り返る個展を開催しています。
2007年に国際芸術センター青森のレジデンスプロジェクトに参加しました。
それは、その後の活動に大きな影響をもたらした、ターニングポイントとなる経験でした。
その頃は線描によるウォールペィンティングを展開していた時期で、私はACACで15メートルのウォールペィンティングと、鏡と透明のアクリル板に描いた作品を展示しました。
今回はそれ以前の初期の線描のペィンティングの代表作から、近年の鏡の作品、巨大な母体を表した遊具型の作品まで、私の絵画作品が、一貫した世界観の中で、空間全体と鑑賞者を取り込んだインスタレーションを追求しつつ形を変えて変化してきた流れを、10年をふりかえって考察する展示構成となっています。
初期から追求してきた絵画の力と可能性への取り組み、テーマとしてきた生命と生と死。
国際芸術センター青森の約60メートルの円形ギャラリーを最大限に使った展示となっています。
一昨年の奈義町現代美術館での個展「どこにもない場所」のつづきで「楽園/境界」のシリーズとして、今回はサブタイトルを「いつかいた場所」としました。
人は理想の楽園を求めて「どこにもない場所」をさがし求めてきたけれど、それははるか昔「いつかいた場所」なのだということ。
楽園のビジョンとは原始の野生の記憶、もしくは母の体の中、生まれる前の記憶なのかもしれません。
ぜひご高覧下さい。

美術手帳で取り上げていただきました。

青森ではテレビCMも放映中です!
国際芸術センター青森 http://www.acac-aomori.jp/air/2017-3/
エントランス コミッションワークの村岡三郎作品
四季のアーケードを抜けて
八甲田山のふもとの森の中
円形ギャラリー
ギャラリーAにて船井美佐展「楽園/境界〜いつかいた場所〜」開催中です。
ギャラリーBではブラジルの作家アルバーノ・アフォンソ展が開催中です。
光と影が美しい、建物というよりもそれ自体が彫刻のような安藤忠雄建築。
ギャラリーA入口
展覧会テキスト 担当学芸員は金子由紀子さん
.
円形ギャラリー外からの景色。美しい森と静かな水面。10年前と同じく全く古さを感じない緊張感のある空間。
右に見えるのは、河口龍夫 コミッションワーク「時の杖」です。

2017年7月1日〜22日
恵比寿にある MA2gallery の企画展に作品を出品します。

光をテーマにMA2galleryの松原さんがチョイスした作品達。
あの自然光が入るギャラリーの白く美しい空間で、やわらかな光を静謐に受け止める作品ばかり。
他の作家さんの作品との兼ね合いも楽しみです。

ただいま新作制作中です。
個人の方向けの購入出来る作品も久々にいくつか作ります。

ぜひご来場ください。

プレスリリース
MA2gallery

http://www.ma2gallery.com

 

かけがわ茶エンナーレ

静岡県掛川市が主催で開催される地域アートプロジェクト「かけがわ茶エンナーレ2017」のプレス発表がありました。

総合プロデューサーは山口裕美さんです。

山口裕美さんより依頼を受けて、
掛川市役所の文化振興課の方々と五明茶業組合の皆さんのご協力のもと、
茶畑に先行作品の設置を行いました。
ご協力いただいた皆様ありがとうございます。
360度茶畑が広がる、大変美しい場所で、
夜は真っ暗になるため星の観測所としても有名で、彗星が発見されたので「彗星発見の丘」と呼ばれているころです。
また五明という地名は、むかしは五名と言い、五人の名字の人がこの地域を切り開いて集落を作った事から来ているそうです。
この場所で、作品を通じて、美しい茶畑の景色と鑑賞者はイマジネーションの世界を描いた絵画と反転して一体となり、
昔から続く自然風土や、連綿と続いてきた茶業の人の営みに思いを馳せる機会となればと思います。
本番では、駅前再開発のWe+138広場にすべり台型の作品「SUPERNOVA」を設置します。
今回の作品と関連して二つでひとつの作品となります。
この場所からインスピレーションを得て作品を設置するまでにはいろいろとふしぎな事がありました。
またその話は後日・・・。
タイトル「COMET-大地をひらく星をみあげる-」
かけがわ茶エンナーレ2017

GINZASIX

GINZASIXがオープンしました。

銀座六丁目に新しく出来た大型の複合施設です。
森美術館によるコーディネートで館内にアートワークがちりばめられているのが目玉となっており、
森美術館からの依頼で私はコミッションワークを制作しました。
私は3階4階5階のエレベーターホールに合わせて鏡の作品を制作しました。
反対側のエレベーターホールは大巻伸嗣さんの作品で、
通路の部分には堂本右美さんの大きなペインティングです。
南北の縦の吹き抜けにはチームラボの映像と植物学者のパトリックブランさんの垂直庭園。
中央の吹き抜けにはシンボリックな草間弥生の巨大バルーンが浮かびます。
全体の空間デザインはグエナエル・ニコラさんです。
日本の紙や組木などの伝統工芸のイメージをモチーフとした造形が、
建物全体を貫いて螺旋を描いて上昇していくデザインとなっています。
これまでに無い空間となっていますので、ぜひご高覧下さい。
そして、鏡の中に自分を映して写真を撮ってみてください。
私の作品は、鑑賞者が入って完成する絵画作品です。
現実の空間と絵画空間、あなたとあなたの中にあるイメージが一つになります。
あなただけの楽園を切り取ってください。
※撮影した写真はSNS等にアップしていただいても大丈夫ですが、
その際は、必ず作品タイトル「楽園/境界/肖像画」と作家名、船井美佐もしくはMisa Funai、そしてGINXASIX、というハッシュタグもしくはクレジット表記を入れてください。
今回の、私の作品は3つのフロアで連続したひとつの作品となっています。
壁の向こうには同じ楽園の風景が広がっていて、それが発露した部分だけが、向こう側とつながった穴のように作品となって表れます。
穴は旋回しながらフロアごとに少しずつずれて動いていき、そこから飛び出した鳥や蝶が上へ上へと飛び立っていきます。
絵画とは人のイマジネーションと現実をつなぐ穴のような物で、
いつもすぐそこにイマジネーションの世界は広がっています。
あなたがあなたの中の世界に気付き、向き合う時に、深く広大な世界が広がります。
GINZASIXウェブサイトでアートワークが紹介されています。

paradise/boundary

museum of contemporary art tokyo

photo by keizo kioku